« サイバーショット DSC-H50を試す。 | トップページ | Zen用に動画をエンコードする その1 »

2008年7月24日 (木)

あと三年でアナログ放送終了

 今日、7/24の三年後に日本のTV放送はISDB-T方式によりデジタル化され今のNTSC方式によるアナログテレビ放送は終了することになっています。

 今電気屋さんに行くと、テレビコーナーからブラウン管方式のテレビは消え、いわゆる薄型フラットTVが大きいのから小さいのまで各種並んでいるのを見ることができます。しかし値段をみると、一昔前のブラウン管式と比べ割高なのに気づくでしょう。それでも相当に値段がさがりましたが...。#おかげで部品屋さんが大変です。

 本当に三年後に終了できるのか?いろんな意見がありますが、時代の流れというかかわらざるえないと思います。デジタル放送はゴーストが無いので、電波さえ来ていれば比較的簡単なアンテナで受信できるし、画質や音質は全然いいです。うちではすでにデジタル見てますが、ケーブルで同時に配信されている、アナログ放送の画質がえらく悪いせいもありもう戻れないですね。

 というわけで、アナログ終了を周知徹底するために、まずNHKで今日からアナログ放送の画面に「アナログ」が入るようになりました。ちなみにデジタル放送を見ている人にとっては、多くの局ですでに局ロゴは入っているので慣れていますが、アナログ放送しか知らない人にとっては、常時入るロゴは何だろうと思うのかもしれません。NHKでは何度かニュースで説明していました。

右上にアナログの文字が入っています。

Image20080724_232938ssss_2

|

« サイバーショット DSC-H50を試す。 | トップページ | Zen用に動画をエンコードする その1 »

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/41962758

この記事へのトラックバック一覧です: あと三年でアナログ放送終了:

« サイバーショット DSC-H50を試す。 | トップページ | Zen用に動画をエンコードする その1 »