« THE課題曲を聴いて | トップページ | RD-X6のDVDドライブを交換する »

2008年7月28日 (月)

RD-X6のDVDドライブ死亡

 所有している、東芝のDVDレコーダ、RD-X6のDVDドライブが死亡してしまいました。「再生しかできません」と出たので何度か出し入れしたら、何入れても「このディスクは再生できません」としか言わなくなりました。まあネットでみると結構同様のトラブルは出ているみたいです。ちなみに中身は松下のドライブが使われています。(PC用にも供給されているもの)
 PCで使ってそんなに壊れることはないので、多分熱が問題なんでしょう。DVD取り出すとかなりほかほかしているので、内部は結構高温になるようですから。ちゃんと熱設計しているんだろうか。いまはどうかわかりませんが、少なくともX6の頃の製品は結構貧弱かもしれません。

 実は結構前から、DVD-RAMで頻繁にエラーが出ていたので、あぶないと思っていました。ネットで調べると、IODATAの製品DVR-AM16CV(松下SW-9576のOEM)が換装用に使えるというので購入しておいたのですが、ついに交換するしかないです。ただ、ファームが元のと違うので完全互換かはよくわからないみたいなんですが。なんでもいいから、-Rか-RAMに焼ければいいです。ちなみに、RD-X6に使われているのは、SW-9574だそうです。この機種も以前IODATAでOEM版が発売されていたのですが、既に廃品種ですので入手難です。

今日は夜も遅いんで明日だな。明日は、X6の解体だ。
こんな非情な文字が...

Ng2

|

« THE課題曲を聴いて | トップページ | RD-X6のDVDドライブを交換する »

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/41999002

この記事へのトラックバック一覧です: RD-X6のDVDドライブ死亡:

« THE課題曲を聴いて | トップページ | RD-X6のDVDドライブを交換する »