« TMPGEnc 4.0 XPressで赤千を直す | トップページ | デジタル放送のパラメータ »

2008年9月17日 (水)

TMPGEnc MPEG Editor 3最新パッチとPT1

いつも使っている、TMPGEnc MPEG Editor 3の最新パッチが公開され、Version3.0.7.81になった。

http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/download/tme3.html

 いくつかの変更点のなか、放送TSがらみの不具合FIXと思われるのがいくつかある。
そのなかでずっと気になっていたのが、TS編集時の画像表示の遅さ。これについてもオーバーレイON時の表示更新が遅かったの修正とあるので期待して使ってみる。結果は気持ち早くなった気がするけど、軽快までは行かない感じ。残念。あと、音声でAAC入力時の遅延の修正とある。今まで音ズレ補正値を80ms程を入れていたので、再確認。なるほど今回のバージョンでは大体あってそうな感じ。
 上記と関係無いが、Version3は.NET Framework使ってなければもっと軽快に動作しそうなんだけどな。おかげでいまだにVersion2.0も良く使うし。

 もう一つ、PV4で有名なアースソフトが新製品を開発中らしい。その名も”PT1” 今回は暗号解除機能無しのデジタルチューナ。それも地デジx2 BSデジx2の4チューナ内臓で4ストリーム同時録画できるとのこと。

http://earthsoft.jp/product/index.html

暗号解除機能が無いというのがポイントで、当然B-CASカードも付属しないし、あっても使えないのだろう。見れるのは暗号化されていない、コピフリの時とワンセグストリームだけということか。これだけだとあまり面白くない。
 がしかし、暗号化されたTSも今となっては簡単に解除できるので、手間はかかるけど問題ないのだ。さらに多分発売後しばらくすればソフトウエア開発に詳しい有志が同時に解除・再生するソフトを作ってしまう可能性が高いんじゃないかと思う。
 ともかく、暗号を解除できる、B25デコーダができていなければ、発売せしえなかった製品だろう。満を持した製品である。

 フリーオより安価だし、CATV対応だし発売されたら是非欲しいけど、最初のロットは競争率激しいんだろうな。その前に、関係諸団体からの圧力で発売できなくならないことを祈りたい。あんまりさわぎすぎると、危険かもしれないな。

|

« TMPGEnc 4.0 XPressで赤千を直す | トップページ | デジタル放送のパラメータ »

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/42508825

この記事へのトラックバック一覧です: TMPGEnc MPEG Editor 3最新パッチとPT1:

« TMPGEnc 4.0 XPressで赤千を直す | トップページ | デジタル放送のパラメータ »