« メインPCのクーラー交換 | トップページ | じゅんさい池のしだれ桜とか »

2009年5月 6日 (水)

ペガシスのソフト

 録画したTV番組の編集や保存には、ペガシスのソフトをよく使っています。当然有料
ソフトですが、フリーソフトを駆使するより手間がかからずそこそこの品位で使えるのが
良いところでしょうか。

 使っているソフトはTMPGEnc 4.0 XPress、TMPGEnc Authoring Works 4 (TAW4)、
TMPGEnc MPEG Editor 3(TME3) ですが最近たてつづけにリビジョンアップしまし
た。

 特に、TME3はAACの5.1ch入力にも対応したので、デジタル放送の5.1ch音声のTS
でもちゃんと音が出るようになりました。これは超便利です。今まではBonTsDemuxで
音声だけ2chにリミックスしてWAVデコードしTME3に食わしてましたからその分、
手間が省けます。
また、AC3 5.1chへのエンコードも可能になったんで、サラウンド音声を保持できるよ
うにもなりました。これは同様の事をフリーソフトでやろうとすると、えらく手間がかか
る作業でしたが、一気に手軽になりました。
 あとはAACでの書き出しにも対応してくれるとさらにいいんだけど。

 TMPGEnc 4.0 XPressは、主に、HDからSDへの変換に使ってます。SDのアプコン
番組なんかは、HDで保存する必要もないので。DVDに焼くならTAW4でも直接可能
ですが、設定が細かくできるので、一旦これでSDに落としてからTAW4で焼いてい
ます。
 最近ほとんどの局で導入された局のウォーターマークを消したりも出来ます。この
処理は内臓フィルタでは出来ないので、ソースをAviUtlで読み込んで、AviUtl用の
透過性ロゴフィルタを用いて処理します。そしてこれをTME4.0XPのVFAPIプラグイン
で取り込んでエンコードします。この機能はTME4.0XP側のVFAPIプラグインである
AviUtl Project file Readerをアクティブにしておくと使えます。AVIUTL側ではそのほ
か、リサイズやデインタレース処理やアニメ等では24fps化を行ったりもしています。
 このとき、TMPGEnc 4.0 XPressのMPEG2リーダは介しません。アスペクト比情報
とかは伝わらないので、手動で設定します。音声は基のMPEG2ファイルを指定しま
す。
 あと一点、フィルター設定で「映像リサイズ」の「アスペクト比保持」をはずすと、
720x480に変換したときに両側黒帯が無くなります。
 16:9のHDソースを720x480に変換する場合、厳密にアスペクト比を処理すれば両
サイドに黒帯がつくのかもしれませんが、なんか嫌なんであえてチェックをはずして
います。ちなみにNHKはHDソースをSDで放送するときは必ず両側黒くなってます。
まあ厳密にはつけるべきなんでしょうな。

 TMPGEnc Authoring Works 4は前バージョンのTMPGEnc DVD Author 3にBDMV
オーサリング機能を追加したものだと思います。ユーザインターフェースはちょっと
変わりましたが、使いやすいです。BDMV焼きには、Ulead DVD MovieWriter 6を以
前使ってましたが、機能がありすぎる上動作が重いんで設定が大変でした。TAW4
のほうが操作がシンプルで軽くいい感じだと思います。

|

« メインPCのクーラー交換 | トップページ | じゅんさい池のしだれ桜とか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/44915471

この記事へのトラックバック一覧です: ペガシスのソフト:

« メインPCのクーラー交換 | トップページ | じゅんさい池のしだれ桜とか »