« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

バリオメータ式1球真空管ラジオ

今日、近くのヤマダ電気行ったら、書籍コーナに学研の別冊大人の科学
マガジン 真空管工作があったんで購入しました。学研といえば、小学生
向けの学習・科学が印象深いです。今はどうかしりませんが、私の頃は
宅配か、もしくは地区により学校で予約販売してました。今は通販なん
ですかねえ。付録が印象的でしたが、学研のHP見ると今もカブトエビ飼
育セットとかあってあんまり変わってないようです。

http://otonanokagaku.net/magazine/vtradio/index.html

 さて3000円でできる真空管ラジオというのが、どんなもんかと言いますと、
誰でも組み立てられるように、半田付けレスでユーザーがやることはコ
イル巻きがメインです。ほかはプリント配線済みでやることは無い。
回路構成は中国製7極管を使った、1球レフレックス回路です。そういや
昔最初に組み立てたラジオが、一石レフレックスラジオだったっけ。
 また同調範囲を広げるため、可変インダクタ兼アンテナコイルに
結合でLを変化させる、バリオメータという古風な方式を使ってます。
ラジオの初期に使われたという可変インダクタです。

 付録のほうがでかいけど、本誌の方には結構きちんと解説や背景
が書いてあります。また方向探知機や、1球+ICスーパーヘテロダイン
回路への改造方法もあります。

 実際組み立てて動かしてみました。電池が006P 3個(マンガン指定)
にカソード用に単2のアルカリ一個必要です。電池管なんで、このような
構成で動くそうです。感度は地元局のBSNとNHKがそれなりに聞ける程度。
ただ、NHK新潟第2 1593kHzは周波数が高くどうも同調範囲外なのか受
信しません。そのかわりに日本最大出力500kWを誇る秋田第2 774kHzが
海上伝播ということもあり新潟では地元局並に入るんでそっちが受信でき
ます。
同調コイルがループアンテナとしても動作するんで、今のラジオと同じで、
大きな外つけアンテナが無くても受信できます。ただ選択度はかなり悪
いんで周波数が近いと混信するでしょうね。クリスタルイヤホンなんで、
音質は低音はまったく出ません。

実用性はアレですが、飾っておくにはいいかも。

ところでコイルにはいわゆるリッツ線が使われています。
それも繊維で巻いてあるタイプです。入手難と書いてますが、生産されて
います。通常はUEW線を撚っただけのものを良く使いますが、トランスに
使った場合ほぐれて損失が増えることがあり、やや高価ですがこのタイプ
のワイヤーを使うことがあります。
昔は絹を使ってたみたいですが、今はテトロンを使っていてUSTC線と呼
ばれます。ほぐれたり潰れないのが利点です。

Tuberadio Tube

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

じゅんさい池のオオタカ

 散歩コースのじゅんさい池公園にオオタカの巣があります。

全然気づかなかったんですが、人だかりが出来ていたんでわかりました。

でっかいカメラ持った人とか、何人か常に見物人がいます。「出待ち」でなく
巣立ち待ちでしょうか。

肉眼では見えなかったんですが、カメラのズームで撮影すると、確かに居ます。
親なのか子供なのかはわかりません。

Okata1 Okata2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

副音声付の放送TSファイルをDVDに焼く

 TMPGEnc Authoring Works 4を使って別PIDの副音声放送があるTSファイルをDVD
に焼く場合、副音声をDVDやBDに取り込むのは少し面倒です。というのも本ソフトは
AACに対応しているものの、2つ目のPIDの音声を認識できないのです。主音声だけ
認識されます。

 例えば主音声が日本語モノラル(ModeはStereo)で副音声は英語のStereo音声に
なっている場合や、副音声もステレオな場合です。
 さて取り込む方法ですが、単純に副音声だけ分離して、TAW4で第2音声として読ま
せればいいです。

 ここでもまず TsSplitterGUI が活躍します。最新版では音声CHで分割で「個々に
出力する」オプションが選べるようになったんで、さらに便利になりました。これが無いと
副音声のリップシンクに苦労します。(副音声は本編しかないので分離すると合成時
ずれます。)私は、下図のように設定しています。(SD2がBS2です。BS1もストリームに
含まれていますんでこれも分離します。)
 これで音声モード(番組情報)で分離された本編だけが取り出せます。
 *合成時副音声タイミングとるのを容易にするため、副音声がある部分だけTSファ
イルを切り出します。

Sep1  Sep2

 あとは副音声のPIDがわかれば、分離できます。
 PIDはTVtestでBonDriver_File.dllを導入していれば、「ストリーム情報」でわかります。
また、TSReaderLite等のTS解析ツールでもわかります。

 さて、PIDがわかったところで、副音声だけ分離するわけですが、定番のTsSplitter
で分離しても音声だけのTSファイルが出来、これが読み込めませんでした。
 ここでは「DGIndex」というソフトを使います。このソフトはPIDがわかればAACファイ
ルで書き出せます。
 (追記:PIDわからなくても、BonTsDemux_mod10k5を使ってES2指定で分離できまし
た。他にも出来るツールあるかも。)

Sep3a  Sep3b

 このように音声PIDをBS2の副音声の0x211にセットします。(主音声は0x210)
その後、Demux Audio-Only Stream で書き出します。するとAACファイルが書き
出されます。ところが、このファイルはTAW4で読み込むと時間がおかしい。実際
後半が再生されないので、別のツールでWAVに変換して読ませます。
私は、AACプラグインを入れたfoober2000で変換しています。変換すると正常に
読まれます。

 やっと、TAW4に読ませる準備ができました。まずTSファイルを読ませた後、
副音声のWAVファイルを、マルチ音声にして音声入力2にセットします。

Sep4

 最初に本編だけ切り出しているので少ないですが、副音声は音がズレます。
これは先頭に前の番組の画像が少し残っているためと思われます。TAW4には音
ずれ補正機能があるので、音声2のリップシンクを画像を見ながら調整します。
今回は350msを設定すればOKでした。(大体このくらいのようです。)
 ここではノーマライズとかも出来るんで好みで設定します。


Sep5

 あとは普通にメニュー等の書き込みの設定をしてディスクに書き込みます。
最後に焼く段階で、ビットレートが規格外とか警告が出ますが、まず無視してOK
です。今時のプレーヤは問題ないようです。

Sep6

今回はDVDでしたが、BDの場合も同様にできます。

・2009.11.2 若干修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

AACでエンコる

 クレジットカードのおまけで、iPod nanoをもらったので、iTuneをインストールして
使っています。ここで今まで使っているiRiver製のiHP120では、もっぱらmp3の
みで使っていたんで、このiPodでもそのままmp3で使っていたんですが、今時
iPodで標準のaacもどんなもんなんだろうとエンコってみました。
なお、mp3のエンコーダは今はLame3.98.2を使用。

 AACエンコーダはまずiTune内臓のエンコーダを標準の256kbpsを192kbps
にしてエンコード。ところで、iTuneのエンコーダの設定探すのに苦労しました。
設定-一般-インポート設定ボタン だなんてなかなかわからないぞ。
あと、Nero AAC codec / 1.3.3.0 とFAAC 1.28 でもエンコードしました。どれも
CBR192kbps狙いで設定。またこれらには、prelife3というフロントエンドを使用。
これを使うとコマンドプロンプトを使わないで済むし。また設定はiniファイルで行
います。基のWAVも入れて、計5種類で比較しました。

 んで、結果としては、私が主に使っている192kbps程度までビットレート上げる
とエンコーダの差は聴感上ほぼ判別不能だということでした。正式にブラインド
テストしたわけではないけど、少なくともiPod nanoで聞く分には差は分からな
いです。周波数スペクトルでは20kHz付近でエンコーダによる差は若干あります
が、聞いて分かるもんではなさそうです。

128kbps以下では差があるかもしれませんが、今時そんな低レートでは使わない
ので、テストしてません。

というわけで、汎用性でLame mp3で十分だということがわかった次第でした。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

エレクトロニクスライフ

本を整理していたら、エレクトロニクスライフという雑誌が出てきた。
NHK放送技術研究所が監修する雑誌なだけに、電子回路の記事
の他、最新の放送や家電技術にも触れていて、良記事が多かった
気がする。

ただ地方の普通の書店では入手しずらい上当時は通販も無かった
んで、1時期定期購読していたが、丁度パソコンが流行りだした頃
突然パソコンライフに変更され、それも1年だけで休刊になってしま
いました。Wikiによると、1997年3月で休刊。

 いま手元に1993年5月号があるけど、IBM PCの記事にかなり割か
れていて時代を感じさせられます。1992年に日本語環境がDOS V
で可能となり、国民機と言われたNECのPC98に対し黒船来襲と言
われたのを思い出します。TVでニュースを見た気もする。
ほかはビデオ信号とデジタル回路の記事。まだまだコンピュータで
直接ビデオ信号を扱うのは難しい時代、Y/C分離とかの部分にデジ
タル回路が使われだした時代でした。まだ速度的にビデオはハード
ウエア処理が必須の時代でしたな。
 あと気になった記事は、既に今日本の地デジやBSデジで使われる
ISDBの構想解説が既に書いてありました。ISDBは統合化デジタル放送
の略だそうな。やっとMPEG2の規格が決定された頃の話、MUSE以外
の研究も既にやってたんですな。MUSEがぽしゃってすぐにデジタル方式
の独自規格に移行できたのもわかる気がする。昔からやってたんですな。

 この本では、さらにBSが始まった頃には、丸ごとアンテナ・チューナを
自作する記事とか、MDやDCCやAMステレオ出た頃にはその解説にか
なりの誌面を割いてくれたり結構今考えるとすごい記事が普通に出てた
んですが時代の流れか売れなくなったんですな。

 今電子回路関係の雑誌はトランジスタ技術誌とその別冊位しかない
ので、存続できなかったのは少し残念ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

昨日また「千と千尋の神隠し」が放送されたわけだが

昨日金曜ロードショーで何回目かの「千と千尋の神隠し」を放送してました。
まあ、DVDもあるんで、前半ちょっとだけ見た。
残念ながら今回もDVDと同じソースをアプコンしての放送でした。さすがに
超額縁からワイドになりましたが。
当然ながら、赤いフィルタをかけたような色で特に補正があまりかからない
PCで見ると特に酷い。いい加減、ブエナビスタも折れてもいいんじゃないか
と思うけど。これが正規の色だというのはあまりに酷い。
TVは色温度が高めなのか、補正されるのかそこまでは酷く無いけど

 ところで、宮崎作品のジブリ製作作品のDVDって、わざわざTVの安全表示
領域を考慮してトリミングされていますね。ほかの作品のDVDではあまりない
んですが。このため、PCでは全ピクセル表示されるんで、黒枠がついてしまい
ます。TVでも今時の平面テレビでは黒枠がでるかも。これはブラウン管では、
表示されない領域が出るための配慮でしょうが、デジタル放送時代ではいらな
い配慮な気がします。今回の放送も黒枠つきでした。
 そこまでして、全画像を見てもらおうと(いらぬ?)配慮しているのに、赤いの
は仕様だというのは、なんともちぐはぐとしか言いようが無い気がします。

 あと、いい加減HDマスタリングしてくれないかなあ。もとはHDのデジタルデータ
だそうだから簡単だろうに。その時色も戻して欲しいものです。
 あとなんで、今度出るポニョはBDで出さないんだろうか。映画公開時のCMは
綺麗なHD画質だったのに。勿体つけすぎじゃないかな。DVDじゃ買う気しないな。
BD待ちでレンタルで見るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

映画「スタートレック」を見た

今劇場公開中のスタートレックを見ました。
シリーズ第何弾とか出す場合、しばらく前作の後の話を設定に持ってきて、
それも描ききると、最初の作品の前の話を設定にするのはありがちといえば
ありがちです。

 本作も初回TVシリーズ、邦題「宇宙大作戦」の前の話なんですが、いや
はやいい感じです。スタートレックは何回も劇場作品が公開されてますが、
一番好きかも。
 Jカーク船長とクルーの若い頃というか出会いを描いてまして、キャストも当
然若手になってますが、終盤往年のMrスポックことレナード・ニモイ出てきたり、
作品ファンもうれしい限りでしょう。

 とにかく宇宙船のシーンが多くていいです。最初のTV版は多分コストと技術
の問題でしょうが、あんまりないし。丁度BS2で毎週土曜に「宇宙大作戦」を
放送しているんで、見てみるといいかと。本作はこれの前の時代という設定です。
USSエンタープライズが地上で建造されているシーンとかおおっと思いました。
 船内設備が1960年代のTV作品と比べれば、刷新されていて当然でしょうが
今風になっています。でもかっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »