« AACでエンコる | トップページ | じゅんさい池のオオタカ »

2009年6月13日 (土)

副音声付の放送TSファイルをDVDに焼く

 TMPGEnc Authoring Works 4を使って別PIDの副音声放送があるTSファイルをDVD
に焼く場合、副音声をDVDやBDに取り込むのは少し面倒です。というのも本ソフトは
AACに対応しているものの、2つ目のPIDの音声を認識できないのです。主音声だけ
認識されます。

 例えば主音声が日本語モノラル(ModeはStereo)で副音声は英語のStereo音声に
なっている場合や、副音声もステレオな場合です。
 さて取り込む方法ですが、単純に副音声だけ分離して、TAW4で第2音声として読ま
せればいいです。

 ここでもまず TsSplitterGUI が活躍します。最新版では音声CHで分割で「個々に
出力する」オプションが選べるようになったんで、さらに便利になりました。これが無いと
副音声のリップシンクに苦労します。(副音声は本編しかないので分離すると合成時
ずれます。)私は、下図のように設定しています。(SD2がBS2です。BS1もストリームに
含まれていますんでこれも分離します。)
 これで音声モード(番組情報)で分離された本編だけが取り出せます。
 *合成時副音声タイミングとるのを容易にするため、副音声がある部分だけTSファ
イルを切り出します。

Sep1  Sep2

 あとは副音声のPIDがわかれば、分離できます。
 PIDはTVtestでBonDriver_File.dllを導入していれば、「ストリーム情報」でわかります。
また、TSReaderLite等のTS解析ツールでもわかります。

 さて、PIDがわかったところで、副音声だけ分離するわけですが、定番のTsSplitter
で分離しても音声だけのTSファイルが出来、これが読み込めませんでした。
 ここでは「DGIndex」というソフトを使います。このソフトはPIDがわかればAACファイ
ルで書き出せます。
 (追記:PIDわからなくても、BonTsDemux_mod10k5を使ってES2指定で分離できまし
た。他にも出来るツールあるかも。)

Sep3a  Sep3b

 このように音声PIDをBS2の副音声の0x211にセットします。(主音声は0x210)
その後、Demux Audio-Only Stream で書き出します。するとAACファイルが書き
出されます。ところが、このファイルはTAW4で読み込むと時間がおかしい。実際
後半が再生されないので、別のツールでWAVに変換して読ませます。
私は、AACプラグインを入れたfoober2000で変換しています。変換すると正常に
読まれます。

 やっと、TAW4に読ませる準備ができました。まずTSファイルを読ませた後、
副音声のWAVファイルを、マルチ音声にして音声入力2にセットします。

Sep4

 最初に本編だけ切り出しているので少ないですが、副音声は音がズレます。
これは先頭に前の番組の画像が少し残っているためと思われます。TAW4には音
ずれ補正機能があるので、音声2のリップシンクを画像を見ながら調整します。
今回は350msを設定すればOKでした。(大体このくらいのようです。)
 ここではノーマライズとかも出来るんで好みで設定します。


Sep5

 あとは普通にメニュー等の書き込みの設定をしてディスクに書き込みます。
最後に焼く段階で、ビットレートが規格外とか警告が出ますが、まず無視してOK
です。今時のプレーヤは問題ないようです。

Sep6

今回はDVDでしたが、BDの場合も同様にできます。

・2009.11.2 若干修正

|

« AACでエンコる | トップページ | じゅんさい池のオオタカ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/45287704

この記事へのトラックバック一覧です: 副音声付の放送TSファイルをDVDに焼く:

« AACでエンコる | トップページ | じゅんさい池のオオタカ »