« SRF-AX51Vのバンド切り替えスイッチ | トップページ | メジロと鶯 »

2009年12月26日 (土)

MASTECHのテスター

 この前秋葉原行った時に、つい買ったのがテスター。
 MASTECH製で、主に秋月電子で売られている激安品。同様機能の
有名メーカ品の数分の一程度の値段で売られています。
メーカーのHPがありました。
http://www.p-mastech.com/

 購入したのは、MS8209という多機能マルチメータ。5in1という触込み。
通常のテスターの測定機能に加え、静電容量・周波数・温度・音圧・光度
が測定できるという、欲張りなものです。何故かアジア系のこういうメーカ
って入れられるだけ機能入れたがる傾向があるような。
 ただ正直静電容量以外の追加機能は不要ですね...代わりにインダクタ
ンス測定モードつけてもらったほうがありがたいんだが。
 精度は良くわかりませんが、趣味で使う分には問題無いと思います。

http://www.p-mastech.com/products/04_dm/ms8209.html

 上記ページではボタン電池使うように書いてありますが、006Pの間違い
です。デザインは、それっぽいですが、やはり作りは値段相応感がありま
す。電池交換では裏蓋開ける必要がありますが、結構開けにくい。また
電池を入れる部分も少し小さく、押し込まないとはまりません。
 動作確認用電池はHI-WATT BATTERYという香港にある会社製のが
入ってました。

Ms82091

 中身。さすが多機能だけあって調整ポイント多数。校正が大変そうです。
良く見ると、チップ抵抗の上にリードタイプのセラコンが半田付けされてた
りジャンパーワイヤーがICについていたり、あまり国産品では見られない
処置がされています。上部に光と湿度のセンサーと音圧測定用のコンデ
ンサマイクがついています。

 この機械で、先日交換したR-SA7の電解コンデンサの容量を測定してみ
ると、ドライアップで容量が抜けているのが確認できました。酷いのは1/10
程度のもありました。200uF程度まで測定できますが、大容量は測定時間が
30秒ほどかかり、先端をクリップにしないと測定はつらいです。
 インピーダンスメータの様な交流測定ではなく、充電時間を計測して容量
を計算しているのではないかと思います。(仕様には書いてませんが)
 この方法なら比較的簡単に機能は追加できそう。

|

« SRF-AX51Vのバンド切り替えスイッチ | トップページ | メジロと鶯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/47120017

この記事へのトラックバック一覧です: MASTECHのテスター:

« SRF-AX51Vのバンド切り替えスイッチ | トップページ | メジロと鶯 »