« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »

2009年5月10日 - 2009年5月16日

2009年5月15日 (金)

VPNで会社のサーバーにアクセス可能に

 昨日、会社から何か送られてきたと思ったら、ノートPCでした。
やや古いモデルで測定用に使っていたマシンを、モバイル設定して
もらって自宅から会社のメールシステムにアクセスできるようにして
もらったのです。ただ、うちのネットワークに接続してからの設定も
あるんで、最終動作確認まではしてなかったみたい。

 でもACアダプタ梱包し忘れたみたいで、とりあえずバッテリーが切
れるまでの作業となりました。しかし作業手順教えてもらってないし、
適当にVPNソフトのSecuRemoteいじったけど繋がらない。とおもって
デスクトップみたら、なんか説明ファイルがおいてありました。
でもなんか設定おかしくなったのか、そのとおりしても全然繋がらない。
とりあえず、状況をメールで連絡して、バッテリーも切れたんで昨日は
おしまいになりました。

 今日昼頃、ACアダプタが到着。事前にメールでルータ超えの設定法
メールしてもらったんで、そのとおりやってみることに。
 まずは、ルーター介さない、モデムでの接続でVPNサーバーにアクセ
スしてサイトのアップデートを行うと、いままで全然繋がらなかったVPN
サーバーにアクセス可能に。次にNATを介する場合の設定をしてモデム
を閉じました。

 その後、家のネットワークに接続して、VPNソフト、SecuRemoteを起動
したらあっさり繋がりました。

 これで、家から会社のノーツにアクセス可能になりました。あと社内広報
用のイントラサイトと共有サーバにもアクセス可能な設定してくれてたんで
これらも開けるようになりました。

 関係各位に色々うごいてもらったおかげでありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

近況などとAMLOOPアンテナ製作

 最近、会社から来た仕事をぼちぼちこなしてます。幸い親切な会社&部署
で、自宅療養で休職中ながら、給料は1年間はでるらしいし、復活有給で三
月までは有給扱いだったんで、まあ来年の三月までは休職でも給料くれる
らしい。中小企業なら首でもおかしくないのに。
 自宅療養といっても寝込んでいるわけでもなく、胃が無いことによる後遺症
や薬の副作用はありますが、結構普通に生活しているわけです。(多少栄養
不足で立ちくらみしますが)。まあぶっちゃけ暇なんで、それだったら元々会社
でもデスクワークが多かったんで、家でもできないかなあと、上長に言って見た
ら、シミュレーションとかの仕事をまわしてくれるようになりました。
 社会人として、仕事があるというのは精神的にもいいです。

 さて、この前AMラジオの話を書きましたが、MIZUHOのUZ-77というアンテナ
システムのアンプ部分だけあるんで、ループアンテナを作って見ました。といって
も簡単なもので、ダンボールの空箱にビニール線(アース用)を5Ts程巻いたもの
です。またラジオとのカップリングワイヤーも作りました。このアンテナはループは
非同調で、アンプ側に共振回路を持っています。
 動かしてみましたが、多少感度は良くなるけどそれほどって感じ。AMPからの
ノイズが増えるほうが気になります。
 原因は木造で部屋まで電波が来ている上、ラジオも高感度のためあんまり必要
がなかったもよう。経験上アンプなしの同調形アンテナだとS/Nが良いのでそっちだ
といいはずだけど、そこまで必要ないかな。

Amloop Rfamp_c

 Loopはかならず間隔を少し空けて巻きます。これは並列等価容量を減らす
ためです。今回は同軸ケーブルで引き出します。アンプからの出力は、ラジオ
に巻きつけるようにつけます。これで内部のバーアンテナと結合させます。
そしてアンプの同調つまみを回して最適点を探します。
 ところでUZ77にはガラエポ基板でつくったループアンテナ部と接続用の部品
がついてきましが、ループはベランダに置いてたらボロボロになり再起不能。
接続用のはどっかに片付けて不明です。まあAMPがメインなんでいいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

書籍:LTspice入門編

 今回はちょっと専門的な話です。SPICEといってもお料理のスパ
イスではありません。回路シミュレータでメジャーなソフトの話です。

 電子回路のシミュレーションは他のシミュレーションと比べ比較的
簡単に出来るんで、プロはともかく趣味で電子工作をやる人でも、
よく使われると思います。

 私も仕事柄使いますが、SPICE系ではPSpiceやSimetrixあと電源
回路用にPSIMやSCATなんかも使うこともあります。
 これらは買うとSPICE系だと100万円位するのが普通なんですが、
元来のSPICEはアメリカの大学で開発され、無料で使えるものです。
ただし、これはGUIなんてものは無く、ネットリストという回路図をSPICE
構文のTEXTで書く必要があり、出てくる結果も数字の塊と使いやす
いものではないです。
 それを使いやすいようGUI環境を整えたり、収束性と呼ばれる解析
エラーを少なくしたり、付加機能をつけたりしたのが商用SPICEとなり
ます。
 これら商用ソフトメーカの多くは、まずは使ってもらうために機能を制
限した試用版を出しています。制限が厳しすぎて全然使えないのもあ
りますが昔のPSpiceや今はSIMetrixが試用版でもそれなりに使えま
す。

 さて小さい回路であれば、解析素子数に制限がある商用ソフトの試用
版で十分なことも多く、これに目をつけてPSpiceの試用版を使ってCQ出版
が色々解説記事を1990年代初頭から出したので、PSpiceは少なくとも
国内ではかなりメジャーになったと思います。(1時期代理店にもなってた
はず。)

 前置きが長くなりましたが、このようにまともに使えるのは有料なソフト
がほとんどのなか、無料でそれなりに使いやすいSPICEがあります。
 ICメーカのリニアテクノロジー社が公開しているLTspiceというものです。
自社のICモデルを積んで、客先に解析してもらうためのものですが、自分
でモデルを無制限に登録して使うことも出来ます。
 結構昔からあって、ネットで使い方を解説するページもあるんですが
まあ仕事ではあまり使いません。ただ昔海外のメーカからこのソフトの回路
ファイルが送られてきて、なんだこれと思ったことはあります。(そのときは
じめてLTspiceを知ったんですが。)
 全く制限の無い状態でGUIもついて無料なんで、魅力的ですが、なぜか
知る人ぞ知るソフトでした。しかし最近急にCQ出版がトランジスタ技術誌の
副本に解説本つけたり、単行本だしたりして、メジャーになりつつあるんじゃ
ないかと思います。PSpice-SIMetrixときて、次はこれかいって感じです。
もちっと早く出てきてもよかった気がしますが、まあ1ICメーカがサービス
で出している様なソフトなんで、出しずらかったのかも。

 というわけで、最近CQ出版のLTspice入門編(新崎康宏著)を購入しま
した。今まで入れてたけどいまいち使い勝手が分からなくて使わなかった
けど、試してみようかと。ただ私が多用するサブサーキットの登録の仕方
が出てないんでこれは応用編に期待でしょうか。MOSトランジスタなんかは
サブサーキット形式で公開されていることが多く、そのままMOSTのシンボ
ルに登録できないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

通信復旧

 今日は、船橋の留守宅まで行ってきました。関東は暑いな。
 鯖が落ちてしまったのもあるんですが、前回から数週間経つんで様子を
見に行くのと、持ってくるものを送るためもありました。最悪弟に再起動を
頼もうかとも思ったんですが、ぶっちゃけどうせ暇なんで自分で行くことに
しました。

 結果としては予想通り停電があったようでPC電源が落ちていました。
防ぐには無停電電源入れるくらいしかないですがいつまでおいておくかも
わからんのに新たに導入するのもなあって感じ。
勝手に立ち上がってくれるとうれしいけど、実際普通のPCだったらこれは
これで困るんで仕方ないかな。サーバーならありそうですが。
 これからの季節熱暴走しても困るんで、天板はずしてきました。モニタ
すると数度下がるようです。停電すると、TAの電源も落ちるんで再接続で
IPも変わってしまいます。DDNSの更新はPCで行っているので、IPも行方
不明になってしまうんですよね。

 RD-X6のファームアップもしました。12月にアップデートがあったようです。
更新内容jは下記だそうですが、当面ビデオディスク使わんし関係ないかな。
1. 一部のDVDビデオディスクの再生能力を向上しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »