« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »

2009年5月17日 - 2009年5月23日

2009年5月21日 (木)

モスキート音

今日の日テレ系のニュースで、モスキート音の特集があったんで、
録画して周波数解析をしてみた。TENYは20kHzまで帯域があるんで。
ちなみに音声帯域15kHzまでの局ではそもそも電波に乗ってない可能性もある。
日テレでは前に見たときは15kHzしかなかったんで、電波に乗ったんだろうか。

方法はTSファイルからBonTsDemuxでaacだけを取り出し、aacのプラグインを
導入したCoolEdit2000で解析。最初BonTsDemuxでWAVに変換したら、何故
かモスキート音の信号のために可聴域にノイズを乗ってしまった。本ソフトの
AACデコーダのバグかどうかは不明。

Photo

みての通り、18kHzを中心に±500Hz程度に変化する波形が見られた。
すくなくとも新潟での地デジでは実際に電波に乗っていたもよう。
波形は平均化しているんで、こんな波形だけど、実際は周波数は動い
ている。

 ちなみに、これ聞いたけど私には聞こえなかった。若者じゃないな。

--------------
追加:5/27にも今度はテレ朝系でも紹介。地元UXの周波数解析してみた。
現地取材のVTRの中にマイクが拾ったモスキート音が含まれていた。
今回のは、17kHz付近で一定であまり変調がかかっていない。
UXも20kHzの帯域があるので、きちんと電波に乗ったようだ。

Ux_mos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

副作用

 今飲んでいる薬の性格上副作用は避けられないものではあるが、
私の場合、目立った症状としては、食欲不振、下痢、手足症候群
がある。服薬は4週で2週の休薬期間があるが、服薬期間も後半
になると酷くなってくる。
 手足症候群は、一般には聞きなれない症状だと思うが、5-FU系
の薬では起こりやすいらしく、今飲んでいるTS-1もこれに含まれる。
ググると結構情報は出てくるが、原因はよくわからないらしい。

 私の場合症状は手の指の皮がごわごわしてきて、今はさらにピリ
ピリした感覚も加わりつつある。あまり酷くなると生活に支障が出る
程になることもあるらしく、今は尿素入りのクリームを塗ってしのいで
いる。またビタミンB6もいいらしいので、今後このサプリも検討中。

 下痢も最近酷くて困っている。ほとんど大腸に留まれないみたいな
感じで、本来そこで吸収される水分を吸収されずに出てくる感じ。
 酷いと脱水症状起こすこともあるんで、飲料をお茶からポカリみたい
な電解質系ののみものに換えてこまめに飲むようにしたほうがいいと
聞いたので、なるべく多く飲むようにしている。

 まあ、副作用で吐き気とか無いんで、QOLはそれほど酷く下がって
ないけど、それでも今言ったような副作用はあるんで、なるべく酷く
ならないような対処をしつつ生活しないといけないと感じる今日この頃。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

今日の「題名の無い音楽会」は吹奏楽コンクール課題曲でした

 今日のテレ朝系の「題名の無い音楽会」のテーマは日本吹奏楽の歴史(1)
課題曲の変遷でした。昔やっていた身としてはどんな曲が選ばれるのか、
興味ありました。(ここ近年のを除いて大体音源持っているんで)
 そういや全日本吹奏楽コンクールの主催は朝日新聞社もあるんで、テレ朝と
関係なくもないんだな。

 演奏曲は下記でした。ただ放送時間が短いので、メインストリートでと
深層の祭り以外は抜粋での演奏でした。なんかやたら古い曲が多いのが気に
なりますが、放送時間がもっとあればねえ。深層の祭り以外私より前の時代の
曲がほとんどでした。最近のも取り上げて欲しいものです。

 1、エル・キャピタン (J.P.スーザ)(1956年課題曲)
 2、バンドのための楽章「若人の歌」 (兼田敏)(1964年課題曲)
 3、音楽祭のプレリュード (A.Reed)(1970年課題曲)
 4、ポップス描写曲メインストリートで (岩井直博)(1976年課題曲)
 5、高度な技術への指標 (河辺公一)(1974年課題曲)
 6、吹奏楽のための「深層の祭り」 (三善晃)(1988年課題曲)

 高度な技術への指標は、今回演奏のシェナW.O.でCDもでていますが、冒頭か
らいきなりコーダへ飛ぶという超ショート版でした。全曲聴くには「ブラスの祭典3」
というCDがでています。いい感じの演奏でお勧め。さらに地元新潟の新潟市民芸
術劇場での録音なんですなこれが。大学の頃、当時既に課題曲の古典でしたが
一部だけ演奏したことあります。「ポップス描写曲」は作曲者の岩井氏がゲストだった
んで全曲演奏だったんかな。まだご健在な様子でしたので、また書いて欲しいもん
です。1989年の「ポップスマーチ「すてきな日々」」以来書いてないはず。
 あと音楽祭へのプレリュードは課題曲だったって事知っている人少ないんじゃない
かな。A.Reed氏の初期の名曲で今でもよく演奏されますね。今回の演奏は後半の
ホルンとトランペットが裏メロを高々と演奏する部分がカットされてて残念。そこ好き
なのに。
 「深層の祭り」は高校の頃でした。ただうちの学校はB部門だったんで、課題曲無
かったんで楽譜も見てないな。しかし課題曲史上最高の難曲なのは同意。三善氏
はその後1992年にも課題曲「吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」」を書いてま
すが、こっちも難しいけど、深層ほどではない。
でもあんまりマーチっぽくないけどね。この曲で「行進」はできんな。

 最後次週の予告のBGMはJバーンズ作曲 Alvamar Overtureでしたな。うちら
世代では中学の頃流行った曲です。バーンズの初期の曲でえらく最後がしつこい
けど、メロディがわかりやすく燃える演奏が可能。コンクールの地区大会では何校も
この曲選んでました。同時期のスウェアリンジェン作曲のInvictaと人気を二分してい
たような。
 来週はベスト10とのことでこの曲も入っているんだろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »