« ダンピングで失敗した | トップページ | SONYの携帯プレーヤ NW-A846を購入 »

2010年1月23日 (土)

映画「アバター」を見た

 今日話題の映画「アバター」を見てきました。
 3Dの吹き替え版を見ることは決めていたので、劇場を検索したのですが
よく行っていた幕張のシネプレックス幕張は吹き替え版の3Dが無かったの
で、ワーナーマイカル市川妙典で見ました。ここは住んでいる場所からアク
セスも良く、地下鉄東西線の妙典駅前にあります。。
 3時間近い長い映画ですが、あっという間で面白かったです。良く考えると
?な設定もありますが、まあエンターテインメントだと考えれば、楽しめれば
いいかな。細かいことはどうでもいい感じに楽しめました。
 ただ、出てくるマシン関係や空中に浮かぶ島や森の雰囲気が、どこか宮崎
駿っぽい感じなのは気のせいでしょうか。少なからず影響を受けているような
気がします。最後の戦闘シーンなんかも、腐海の上を飛ぶトルメキア軍の飛
行艇っぽいんだもの。その星の空気もマスク無しで人間が吸ったら数分で死
んでしまうし...。瘴気?

 3Dは吹き替え版でやはり正解でした。吹き替え版でも原住民語の部分は
字幕が出るのですが、非常に見難い。字幕を追うと画面に集中できない。
字幕も少し浮いた感じに見えます。

 さて、3Dもあとから調べると1方式ではなくて、REAL DとDOLBY3Dの大きく
2方式あるようです。DOLBY3Dのほうが良いらしいのですが、見たのは、
REAL D方式でした。それでも色彩も自然で普通に楽しめましたが。3Dメガネ
は回収せず、持ち帰れます。(もって帰っても使い道ないですが)REAL Dは
回転偏光という技術を使って左右を振り分けているようです。
電波でも円偏波というのがありますが、それの光版でしょうか。
従来の直線偏光方式だと、頭を動かしたりするとよくなかったらしいのですが
円偏光にしたことにより改善したようです。

Real3dg
劇場でもれなくもらえるREAL D方式用のメガネ。安価なんで使い捨てとのこと。
円偏光用の偏光フィルタが使われているようです。左右で右偏光と左偏光なん
でしょう。多分。
3Dは300円高いのですが、メガネ代かな。

DOLBY3Dはまだ対応劇場が少ないみたいです。新潟の万代町にあるシネコン
T ジョイ新潟万代はDOLBY3Dらしい。
DOLBY3D方式は分光方式と呼ばれ、メガネも高価で特殊なので、回収後洗浄
して再使用するとのこと。

 

|

« ダンピングで失敗した | トップページ | SONYの携帯プレーヤ NW-A846を購入 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

見てきたんですね。
確かに字幕が浮いて見えるのはかなり読みにくいですよね
話の中でなんか納得出来ないのが「キスシーン」
地球人と同じ?やっぱりあそこは尻尾じゃない?みたいな。

3D方式は全部で4つみたいです。ちなみに私が見たのは
DOLBYだったようです。メガネがもっとごつくてレンタル。
再利用なので気をつけて選ばないとレンズに傷が。
それでもやっぱり+300円でしたけど。

映画自体はIMAX3Dが一番綺麗との話ですが、日本でも4館しか
ないらしいです。

投稿: リトモ | 2010年1月24日 (日) 01時28分

ほかXpanDとIMAX3Dがあるようですね。
XpanDは電子シャッター方式、IMAX3DはReal Dと同じ
円偏光でさらに専用設備を使うらしい。

どれが良いか比較してみたいきもするが、そのために何度も見るの
もなあ。
キスシーンはたしかに何でそこだけ人間っぽいんだって思いました。
あと普通に銃であっさり倒されているじゃん。最初カーボン
ファイバー?の骨格で銃くらいじゃ平気とか言ってなかったっけ。
一部原住民側についた人の描写もなんでなのか良くわからないし。
長くなったんでカットされたところが多そうな感じ。
まあ、細かいことより全体の流れを重視したんだろうな。おかげで
退屈なく見れて成功していると思います。

投稿: まんぼう | 2010年1月24日 (日) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/47371167

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アバター」を見た:

« ダンピングで失敗した | トップページ | SONYの携帯プレーヤ NW-A846を購入 »