« モバイルSuica | トップページ | 真空管ラジオを調整 »

2010年2月24日 (水)

BSの地デジ難視対策衛星放送(2011.7.27黒friioでの状況を追記)

 現在BSデジタルチューナで+/-ボタンで選局すると、「地デジ難視対策衛星放送」
というのが案内と番組表のみ受信できます。SD画像による放送ながら関東キー局地
上波と同じ番組が流されているようです。視聴には専用のB-CASが必要そうです。
 地方民からみると、SDでもいいから見たい人も多そうですが、残念ながら総務省が
現在の地上設備では受信困難と認めた特定の地域のみ受信が認められるもののよう
です。
 しかし番組表だけ普通に見れるというのも、勿体つけているようで非常にいやらしい。
 認められた地域では、SDながら一時的にキー局の番組が見れるということなんだろ
う。県域局の受信対策が済むまでの5年間の暫定放送らしい。

#一つ疑問なのは、その県域に無いキー局の番組受信は制限するんだろか。技術的
には可能だろうけど。全部見てないがこの辺は総務省なりのHPのどっかに書いてある
のかもしれん。

追記:DpaのHPに詳細のPDFがありました。2015年3月までで、やはり地区ごとに受信
できるch数に違いがあるようです。(多分県域に無いネットワークのキー局は映らない)
また、その地区で地上波受信可能になった段階で受信不可にされるらしい。
2010.3.10開局とのこと。

http://www.dpa.or.jp/safetynet/pdf/safetynet_20100129.pdf


そのうち受信対応カードが裏で流通とか.....無いか...。

 さて電波は追加承認された、BS17chのトラポン一本で行われています。
 PT2付属のsample.exeでスキャンした結果は下記です。TS-IDは0x4310と0x4311
の二つです。TVTestでは、今あるPT2制御用のDLLそのままでは受信出来ま
せん。確認できればいいのなら、sample.exeでTSキャプチャーして、TVtest files
で読み込めば可能です。但し映像・音声はスクランブル解除できませんが。
字幕だけはスクランブルされてないようで出ます。w(TVTestでは)
と思ったら、早速BS17対応DLLが公開されたようです。これを使いチャンネルスキ
ャンすれば登録はされます。まあキャプチャーできても映りませんが...。

----
チャンネルスキャン結果:
(S  8) チャンネル:BS17 CN:15.53dB AGC:041/127
       TS-ID 4310 低階層 モード:2 スロット数:02 高階層 モード:7 スロット数:20
       TS-ID 4311 低階層 モード:0 スロット数:00 高階層 モード:7 スロット数:26

 0x4310は低階層モードも使われているので、降雨対応放送がおこなわれて
いる模様。(多分NHK-Gかな)
----
ストリーム情報
0x4310 0x4311

TS-ID 0x4310
ch291 NHK総合1・東京 ch292 NHK教育1・東京
ch298 フジテレビ
ch890 案内用データ放送

TS-ID 0x4311
ch294 日テレ1 ch295 テレビ朝日
ch296 TBS1 ch297 テレビ東京1

 1局あたり6スロット位かな。1スロット1.2Mbpsとのことなんで、7.2Mpps/ch
実質映像音声以外のデータもあるだろうから、実質伝送レートはこれよりは
低いだろうね。(多分)

ちなみにSD画質のNHKBS1で9スロット、NHKBS2で11スロットを使用。

----
2010/2/27現在
(S  8) チャンネル:BS17 CN:14.28dB AGC:046/127
       TS-ID 4310 低階層 モード:2 スロット数:02 高階層 モード:7 スロット数:20
       TS-ID 4311 低階層 モード:2 スロット数:02 高階層 モード:7 スロット数:20

なんか変わってます。朝、両TS-IDに低階層モードが出現。0x4311側の高階層
モードのスロットが20スロットに。しかし夜には最初のに戻っていた。まだ微調
整している模様?。時間帯により変わっています。20スロッドだと1局5スロッド
なんで、6.0Mbps/chになります。

 これ見れればいいのでしょうが、多分合法的に解読は難しいでしょう。それが
出来るということは、WOWOWやスカパーe2も非契約で見られることになるわけ
だし。

Bs_
TVTestでの表示。何故か字幕だけ出る。

-- 2011.7.27-追記 --

 黒friioがなんとこの難視対策衛星放送に対応したというので試してみました。
friioは最初の無反応機で、はじめはこれしかなかったので通販で販売開始する
と即完売になるほどの人気でした。しかし、同様な機能の複数チューナを搭載
した機種が出てきたりで、落ち着きました。
 そこで本来B-CASカードが無いと得られない暗号解除キーを海外に置いた
サーバーから配信することにより、B-CAS無しでも受信できるの差別化してい
ましたが、なにぶんカードが比較的容易に入手できるので、価格も単chで高め
ということもあり、今一つ人気はありませんでした。
 多分、それを打破するために中の人が頑張ってしまったのでしょう。

 自前のカードかネット経由でサーバーからキーを受けるかは、ビューアソフト
のTVTestでも公式HPにある、メーカ純正のFriio用BonDriverを使うことで可
能ですが、デフォルトでは自前カードを使う設定なので、付属のレジストリ
書き換えツールのCAS_On.regをクリックしてキーをネットから受ける設定に
レジストリを書き換える必要があります。
(同梱のCAS_Off.regで自前カードを使う元の設定に戻せる)

 さて、ドライバ関係を最新にして、BSをチャンネルスキャンすると難視対策
衛星放送のchが表示され、実際に受信できてしまいました。
 全てのchが解除されています。これだと全国で在京5局の民放が見れてし
まいますね。

 解像度はSD(標準画質)で、VBR(可変ビットレート)になっています。
平均ビットレートは通常の番組で4Mbpsくらいで最大6Mbps。ただベタの多
いアニメなどでは平均2.5Mbps位なことが多いようです。音声は基のストリ
ームそのままで、EPGは詳細内容を省いて送っています。画質はスカパー!
で言えば中から下のチャンネルの画質程度かな。

Nanshi_brv
 Bitrate Viewerでのビットレート解析結果たまたまやってたテレ朝のシルシル
ミシルを録画して確認。

 しかし一体どうやってやっているのか謎。ただ今後キー送出サーバー
が停止するか送出側で何か対策するかで見れなくなる可能性はある気がし
ます。 詳しくは書きませんが某2局まで映ります。これはまずいような。
(最初試したときたまたま無料解放デーだったもよう。)
 当然ながら、この機能を使うには接続したPCがインターネットにつながっ
てないと駄目です。

こんな感じで映ってしまいました。
Nanshi_tx

 TvRockでの予約録画も試しているのですが、最初動作がおかしかったけど、
マイドキュメント内のtvrockフォルダ内のdtv.iniの修正と古いデータファイルの
消去で復旧しました。暫く使ってなかったのでおかしくなってたようです。
 あとTvRockは最新版はアナログ終了日に時限トラップが仕込まれていて
新規予約などがつかえなくされてしまっているので、公式サイト推奨のバージョ
ンダウンするか、有志製作の時限トラップ解除パッチを当てる必要があります。

 TVRockでのch設定の計算値です。PT1/2と黒Friio。なおPT1/2では解除はで
きません。
Tvrock_bsch

|

« モバイルSuica | トップページ | 真空管ラジオを調整 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/47653705

この記事へのトラックバック一覧です: BSの地デジ難視対策衛星放送(2011.7.27黒friioでの状況を追記):

« モバイルSuica | トップページ | 真空管ラジオを調整 »