« radikoの録音と携帯機器での再生 | トップページ | iPodやWalkmanをPCで充電しながら使えるアダプタの製作 »

2010年3月27日 (土)

PS3のHDD換装をした

 PS3に専用地デジチューナ「torne」が発売されました。評判が良いのか、
出荷量が少ないのは知りませんが、発売1週間経ちますが、かなりの品薄
でこの辺ではどこにも売っていません。特に人の集まる量販店は絶望的
で、かえってちょっと人里はなれたあたりの店にはあるのかもしれません。
 しかし、どこぞの稀少PC用キャプチャーボードではなく、SONYが正規に
発売しているものなので、暫くすれば普通に入手できるようになるでしょう。

 私もTVマニア?的には1台欲しいとは思っているのですが(特にPSPと
連携できる点がいいかも)、まあ店にあったら買うかな程度の欲しい具合
です。しばらく待ちでしょう。(そのまま冷めちゃうかもですが。)

 今使っているPS3はCECH-2000Aなので120GBのHDDが内臓されてま
すが、今後torne使うには容量がこころもとないので、とりあえず換装して
おこうかなと思い立ち、500GBのHDDを買ってきました。
 T-ZONE行ったら、PS3換装用お勧めHDDがPOPで紹介してありました。
(但し換装することはユーザー責任でと書いてあります)
結局日立のHTS545050-B9A300を購入。
 torneはUSBHDD 4台まで使えるとありますが、本体にUSBポートが2つ
しかなく、さらにその少ないポートの一つをtorneが占有するんで、残った
ポートを頻繁に差し換えるかUSBHUBが必要になります。でもHUBはあま
り使いたくもないので大容量に換装してしまうのが一番スマートでしょう。
 どうせUSBHDDに保存しても暗号化でほかの機器で使えるわけでもないし。
おまけにこれに使える外付けHDDは1Tだろうが2TだろうがFAT32でフォ
ーマットする必要があり、PCにつないでも4GB以上のデータは扱えません。
(torneはたぶん4G超えないよう分割して保存するんだと思います。)

 換装はPCの組み立てに比べればすこぶる簡単で短時間でできました。
CECH-1000台の製品ではHDDは縦置きの底面からアクセスしますが、
2000は前面の下側からアクセスする点が違います。底面にあるプラスチック
の小さな蓋を開くと、HDDの固定ネジ1本があらわれるので取りはずせば、
カバーがはずせ前面から引き出せます。
 中身は東芝のMK1255GSXという120GBのS-ATA接続の2.5inchHDDでした。

Ps3hdd1
左:換装用HDD 右:付属していたHDD

 交換手順は色んなところに書いてあるので、詳しくは説明しませんが、
交換前に必ずUSBメモリー等FAT32でフォーマットされたディスク装置に
レストアデータを保存しておくのをわすれないようにします。
あとPS3のオフィシャルHPにある、アップデータとアップデート手順を確認
して、そのとおりUSBメモリーに保存しておきましょう。

 HDD交換後起動して、手順どおり操作すると、30分もしないでセットアップ
は終了してしまいます。レストア前に一度初期設定作業が始まりますが、
レストアで前の設定になるんで、ここでは適当に設定しておけばOKです。
思いのほかあっさり終了します。(私の場合殆どHDDにソフトが入っていな
いせいですが)

Ps3hdd2
このように無事容量が増えました。公称容量500G PS3の完成です。

|

« radikoの録音と携帯機器での再生 | トップページ | iPodやWalkmanをPCで充電しながら使えるアダプタの製作 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/47924428

この記事へのトラックバック一覧です: PS3のHDD換装をした:

« radikoの録音と携帯機器での再生 | トップページ | iPodやWalkmanをPCで充電しながら使えるアダプタの製作 »