« MPEG-4 AVCへエンコードする | トップページ | 同一周波数パススルー »

2010年5月30日 (日)

PS3、PSP、iPad向け動画エンコードを検討

 MPEG4 AVCへのx264を使ったエンコードの続き。

 ソフトウエアはAviUtl+拡張x264出力(GUI)です。

 友人の協力でiPadでの再生状態を見てもらいましたが、仕様上ではmainプロファ
イルまでの対応となってますが、実際はHighプロファイルでもOKのようです。
 Level 3.x以下であればiTuneは登録できて再生も可能だそうです。
 LevelはWikiによれば最大画素数と転送速度をあらわすものらしい。

 1280x720で作成する限りは、Level 3.1なので大丈夫みたいです。
まあうちはPS3での再生用も1280x720にしているので、問題ないです。これを
FullHDにすると、1920x1080ですからLevel4.0以上になるので、転送前に
iTuneで跳ねられてしまいます。(無理やりiPadに導入して再生できるかは不明)
さて、iPadですが、今のところ購入予定はないですが、今後世代がUPしてもう
少し軽くなれば買うかもしれません。

#逆に言うと画素数が1280x720以下でも、Levelが4.0以上だとiTuneには登録
できません。この場合は、mp4plc等のツールでプロファイルレベルを書き換え
れば登録できるようになります。解像度にかかわらず、盲目的にLevel4.0とか
になっていると、SD解像度ですら登録できないことになります。


 ついで、PSPでのAVC動画の設定も検討。ファーム3.30から720x480までの
MPEG4AVCの再生が解禁されています。ただしPSPのデコーダはmainプロ
ファイルの一部機能しか対応してないのでなかなか再生できず大変でした。
エンコーダ標準設定ではむなしく「再生できません」となってしまいます。

とりあえず再生できている、x264のオプションですが最適かどうかは不明。
720x480までは再生できます。mainプロファイルの少なくとも4つほどのオプ
ションを変更しないと再生できないみたい。crf値でクオリティが設定できます。

--preset Medium --profile Main --crf 22 --partitions p8x8,b8x8,i4x4
--b-pyramid none --direct auto --no-dct-decimate --no-mbtree
--level 3

 VFR(可変フレームレート)なファイルを作成するために、x264出力プラグイン
の方も設定してみました。
 上で書いた、「拡張x264出力(GUI)」は、自動フィールドシフトプラグインには
対応していますが、スカパーe2のTSはかなり癖があるのか、上手くインタレ解
除ができません。使い方がわるいのかもしれませんが。
 一方可変フレームレートプラグインは比較的綺麗に解除できますが、mp4で
書き出すには専用の別な出力プラグインでエンコードする必要があります。
 これは、設定ファイルにコマンドオプションを記述して設定します。
 しかし、x264のバージョンが先のGUIのものより古く、オプションが一部異
なりそのまま使えないので設定も苦労しました。

|

« MPEG-4 AVCへエンコードする | トップページ | 同一周波数パススルー »

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/48495429

この記事へのトラックバック一覧です: PS3、PSP、iPad向け動画エンコードを検討:

« MPEG-4 AVCへエンコードする | トップページ | 同一周波数パススルー »