« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

T・ZONEが廃業とな

 T・ZONEが昨日29日をもって廃業とのこと。Twitterによればもう弊店して
在庫の搬出もされたらしい。T・ZONEは良く利用してたんでちょっとびっくり
だけど、ドスパラに譲渡されて来年から店舗はドスパラになるとのこと。
 秋葉原といえば最近駅中のデパート、アトレ秋葉原がOPENしたり、ホコ天
ももうすぐ再開とか明るいニュースが多かったけど、やはりデフレ不況の
影響でしょうかね。

 なんだかんだでBDドライブとかHDDとかここで買ってたんで、ちょっと残念。
1990年代初頭、まだDosVとか全盛だった頃のPC関係の本みてもすでに
T・ZONEってあるので、かなりの老舗だと思うんだがそれでもつぶれてしま
うんだな。
 PCショップになる前は電子部品屋さんだったはず。学生の頃の電子工作雑
誌(すでに休刊した「ラジオの製作」とか)の広告によく部品の通販会社として
出てたのを思い出します。

 うちにT・ZONEの手提げ袋がまだあったんで最後の記念にUP。
たしかBDドライブ買ってきたときのものだったと思う。

Tzone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ガードレールがしゃべるって...

 録画しておいた、テレ朝系のナニコレ珍百景みてたら、秋田の男鹿市でガード
レールがしゃべるというネタが。

 まあ無線とか知っていればそれみただけで、あーと思うと思うと思います。多分
AMラジオの電波塔があるんだなと。秋田近郊には数局しかない国内最大出力
500kWのNHK秋田第二放送があります。さすが500kWパワーの威力って感じで
しょうか。近くに同調回路と検波回路と電球もってきてチューニングすれば電波
のエネルギーだけで点灯するはずです。
 その後の解説でやっぱり近くに第二放送の電波塔が。たしか送信所は大潟村
の八郎潟のほとりのはず。

 新潟市内の実家近くでは、地元の第二放送より数百キロ離れた秋田のこの局
のほうが電波強いです。地元の送信所が少し離れているのと、大出力と海上伝播
で障害物が無いせいだと思います。(なんとこの距離でゲルマラジオでもはいりま
す。)

 関東の各局も300kWから100kWと強力なので近くに行けば同じような現象が
ありそうなもんですが、あまり話題にならないですね。都市部は雑音が多いから
でしょうか。

 秋田といえばABS秋田放送の秋田市内の送信所も変わっていて、送信所の
真下がショッピングモールになってます。(10年ちょっと前に送信所が移転した
んですがそのころ秋田にいていったことあります。)こちらは5kWですが、同じく
新潟市内とロケーションがよく海岸近くではよく聞こえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

BDレコーダの使用感と液晶TV購入

 3週間使ってますが、また放送アップデート。今月2回目。
 最近はとりあえず出して不具合あればパッチで対応がデフォなのだろう
か。機能はいいのだが、とにかく動作のもっさり感はぬぐえない。他社のが
どうなのかわからないが、東芝はマルチタスクの対応にも遅れてるし、こういう
所にCELLでも使ってほしいところ。

 スカパーHDの録画は10回に1回は失敗しているんで、これも何とかしてほしい
点。まず異常時の再現性が不明なので、対処方法もわからないのが問題。どうも、
RD側が「何か」をやっていてサーバーがビジー状態になるみたいだが、その時
にスカパーチューナがレコーダにアクセスするとサーバーが応答しないので失敗
するみたい。問題なのはどういうときに起こるのか不明なので対処のしようが
ない点。 

 DST-HD1は、録画中にリモコンで電源ボタンを押すとそのまま電源落としてし
います。知っていればいいんだけど、知らずに触ると失敗します。一度警告して
落とせばいいのに。

 ついで、11月になってエコポイントが今月一杯ということでTVも更新すること
にしました。今度は少し大きくして32inchサイズに。レコーダが東芝なので、
TVも東芝REGZAにすることに。どうせならLEDがいいだろうということで、
RE1シリーズにしました。多少高めですがPOINT考えると他の安売り通販業者
とあまり変わらないのでヨドバシで購入(TVは後のサービス考えると量販店で買
うのがいい)。納品日未定でしたが、結局1週間待たずに着ました。
 店頭では18日以降の納品となってましたが。(前倒しになってると思う)
 会社でよく分解するんで、最近は小さいことは知ってますが、重さも箱の大きさ
も数年前よりかなり小さいです。一人でみるには32インチは丁度いいかも。
 早速今までのSONYの22インチの液晶と置き換え。結構前のモデルなので
購入価格は今回のものより高かった。
 さすが絵は綺麗。また画面が大きいので離れてもよく見える。調整して明るさ
は控えめにして目に優しく調整しました。
 さて絵はいいのですが、音が今一なのが気になります。筐体が薄いので仕方が
ないところもあるかも。なんかデフォルトで高音強調な設定なので。これも中低音
を出すように調整しましたが、スピーカと共鳴部が小さいので限界があります。
まあ不満なら外部のAVアンプとスピーカ使えって事かな。
 ただし、地味だけど便利だと思ったのはヘッドホンと内臓スピーカが独立してい
る点。音量も独立操作できるのでヘッドホンとスピーカ同時に使用できます。
ヘッドホンならそれなりの音質で聞けます。これは良くユーザ調査して付けた機能
だと思う。

----
 その後ですが、スカパーHD録画用にI-ODATAのRECBOXを導入しました。
こいつもセットアップは難航しまして、なかなかDST-HD1が認識しないとか、
認識して登録しても録画できないとか色々ありました。どっちかというとHD1が
問題っぽい感じでして、HD1をリセットしたらやっと録画できるようになり、
以後安定して録画できています。
 動かなくて一度あきらめかけ、サポートにメールしたくらいです。

 RD-BZ700で録画失敗するのは、大概RD側の問題みたい。RDでDVD等にコピ
ー等の操作して、そのまま電源いれておくとまず録画に失敗します。
「録画できるデータがありません」みたいなメッセージがでて。
 一度電源切っておくと大丈夫なようで、このため、あるとき録画失敗してても
電源OFFのコマンドが通っていれば、電源OFFでリセットがかかるのか、その次
は録画できたりしていました。

 RECBOXからの転送時も同じで、RD-BZ700側の問題で転送できないこと
があり、RD側の電源入れなおすと大体なおっています。

 DTCP-IPの実装が難儀なのか知りませんが、スカパーHDの録画関係は
ホント、どのマシンも何かのトラブルがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »