« 乾電池1個で使える白色LEDランプの製作 #2 | トップページ | iPad2購入とMPEG4動画再生とか »

2011年4月12日 (火)

TBSラジオがいつのまにかモノラル放送になってた

 久々にラジオネタですが、ものすごく乗り遅れた感満載ですが、
TBSラジオが1月末をもってステレオ放送を終了し、モノラルに戻った
そうな。確かに今はモノラルになっているし。
 だいたい、いつも文化放送に合わせているので気づかなかった。
文化放送とニッポン放送はいまのところまだステレオ放送。

 もうステレオ対応ラジオも殆ど売られておらず、製造に必要な
専用ICもとうに生産終了、おまけに放送に必要なステレオエキサイ
ターも、もうなく、現在のが壊れても部品すら調達が難しいらしい。

 今も通勤と家はステレオで聴いてますが、音はいいんだけどな。
ちゃんと音に広がりもあるし。結局全国展開できなかったのが原因で
しょうね。特に地方は親局も小規模の上に中継局が多数あり、地方
局程真面目にやろうとすると投資額が大きくなるのでは普及しなく
てもしょうがなかった気がします。
全国的に聞けないので、受信機の対応もなくなり、そのまま先細り。
 またAMステレオは、放送波中継の多いFMと違い、送信機1台ごと
に高価で調整も難しいステレオエキサイターが1台必要になるんで
局数が多いほど大変なことに。かといって親局だけの対応では
たいした範囲聞けないので大々的にアピールもできない。

 大都市では大出力局だけ対応すれば相当な範囲で聞けるので
対応のしようもありましたが。

 もう機器更新できないので、残りの局もそのうち終了でしょう。
最後の局はどこになるのかな。

|

« 乾電池1個で使える白色LEDランプの製作 #2 | トップページ | iPad2購入とMPEG4動画再生とか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、SRF-M100の修理を検索して、こちらにヒットし、さらにこのTBSの記事に気がついて書き込みしました。

大阪でも、MBSとABCが相次いでステレオ中止。現在はOBCだけです。
関西でステレオ放送が始まるときは、モトローラの復調用のICを入手し夜中の試験放送を聞きながら調整したのが懐かしいです。

その後、SRF-M100も購入し、なるほど、こんなもんかー、と思っていましたがパイオニアの据え置きチューナーを買ってAMステレオの認識が変わりました。
ヘタなFMラジオ並みの音質の良さ。周波数帯域はたいしたこと無いはずなのですがマトモにチューナーを作ればここまでポテンシャルがあるのかとびっくりしました。

関西でもこっそりと終了しました。
最初、日経新聞のべた記事で「終了を検討中」と書いてあったものの、一向にオフィシャルなおしらせがHPに掲載されなかったので、問いただす手紙をわざわざ出したら、朝日放送は放送機器の維持ができなくなったので更新に合わせて終了の旨のお返事をもらいました。MBSはシカトです。
でも、両社ともあわててHPには小さく終了のお知らせが掲載されました。

今はOBCだけですが、引き続き楽しもうと思っています。

投稿: みささ | 2011年5月 8日 (日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519113/51373507

この記事へのトラックバック一覧です: TBSラジオがいつのまにかモノラル放送になってた:

» FX [FX]
関連記事としてトラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 20時40分

« 乾電池1個で使える白色LEDランプの製作 #2 | トップページ | iPad2購入とMPEG4動画再生とか »