« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011年8月14日 - 2011年8月20日

2011年8月18日 (木)

DoseRAE2でとりあえず色々測定してみました。

 昨日届いたサーベイメータ DoseRAE2を早速持ち歩いて、測定してみ
ました。(測定日:8/18)
 家の周辺(船橋市):0.13uSv/h
  会社の周辺(市川市):0.16uSv/h 
 歩きながらの測定なのであまり正確ではありませんが、若干会社周辺の
ほうが高めでした。外は室内よりやはりやや高いようです。
 なおだいたい市町村で公開しているレベルに値は近いと思います。測定
器は正常みたい。

 会社の居室:0.06uSv/h 家よりも若干低かったです。

 ところで、自宅の部屋にあるSHARP製の空気清浄機が震災前から稼動
しているのを思い出し、もしかしたらエアフィルタに放射性ちりがトラップさ
れているのではないかと思い調べてみました。

まず、何もしない場合、0.08uSv/hとなっています。
なお、汚染防止と静電気防止のため帯電防止袋にいれています。
Fil1

このように、ちり用のフィルタの上に伏せた状態で10分ほど置きました。
通常使用で10年間交換不要のものです。

Fil2

約10分後、表示をみると0.13uSv/hと0.05uSv/h大きくなってます。

Fil3

未使用のものと比較できませんが、まさか最初から放射性物質が
ついているとも思えないので、フィルタに福島からのちりが吸着さ
れていると思います。これをこのまま使い続けていいのか不明。
再遊離しなければ問題ないとも思えますが...。

2011/8/22追記
 このメータは元々個人向けの累積線量計なので、空間線量の
測定には癖があるようです。メーカ的には線量率の表示はオマケ
なのかもしれません。(デフォルトでは1uSv/hが最小桁ですし。)
 特に衝撃と静電ノイズで一時的に値がぱらぱら変わることがあ
るみたいです。胸ポケットに入れてるとそこから取り出す瞬間静
電気が発生するのかそのノイズで値がぱらつく現象もみられま
す。
 結局手で持ちながらのほうが安定するようです。付属のクリップ
で剥き出しで使ったほうがいいのかも。目立つけど。防水と汚染
防止のために帯電防止のビニル袋にいれてますが、静電気によ
る放電ノイズにはあまり効果がなかったです。

 ただノイズがない環境ではさすが安定した値を示します。癖を知
った上で使う必要があると思いました。

 とりあえず持ち歩いてますが、ここ1週間の行動範囲では、
 秋葉原は船橋と同じくらいですが、会社のある本八幡のあたり
は周囲より0.05uSv/h位高い値を示します。これはネット上の線
量マップでもそんな感じなので、実際そうなんだなと思っています。

 ところで、セーラ万年筆が発売している国産の個人累積線量計
ではあえて1uSv/h以下の小数点以下の値は表示しないようにさ
れています。(製品特徴にわざわざ記載されてる。)
 内部では累積するには必要なので測定はしているのですが、
表示すると、いろんなものを計測されてしまうのでそれを嫌ってい
るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーベイメータ

 久々の更新です。TVネタ的にはアナログ終了もあったのに。
これは途中まで書いたけどUPせずにそのままです。そのうち
公開したいです。

 さて今回のネタはサーベイメータを入手しました。
 非常に小型な製品です。センサーはPINダイオードを使った半導体
式です。だから、有名な「ガイガーカウンタ」とは動作原理はちょっと
違う。

 米国の会社の製品で、やや測定時間がかかるが測定値には信頼
のある製品とのこと。米国RAEシステム社製のDoseRAE2という製品
です。

 早速室内を計測すると、0.08~0.09uSv/hと出ました。この値は市
町村発表の近隣での測定結果に近く、たしかに測定信頼性は高い
もようです。

Doserae2a

 今どこの市役所のHPでも学校や公園での放射線測定値が公開さ
れてますが、広い土地全てを計測するにはやはり限界があると思い
ます。
 今後吹き溜まりにようにあるといわれる”ホットスポット”などがないか
行く先々確認していきたいと思います。(ただ本来放射線管理区域での
個人の被爆線量確認用の機種なので空間線量の測定には限界があ
るが。測定時間がかかるので)

 あと、自作測定機の測定基準にも使えるかな。

 事前にわかっていたのですが、この機種は0.3uSv/hから2uSv/h
では、マントル線源を近づけた状態で値が安定しません。あとセンサー
付近に衝撃を与えると値がぱらつくという報告もあります。これらは
いずれもこちらでも再現されています。どうも低線量と高線量用セン
サー切り替え点がこのあたりにあるようです。1ランク上の製品では
改善されているらしいのですが、価格も2倍以上なのでまあ仕方が
ない思っています。

とりあえずほしい機能。
○測定リセット データロガー内臓なせいだと思いますが、継続測定
しかできません。よって、線量が急変した場合値の安定に時間が
かかります。電源OFFすればという話もありますが、これも基本的に
ONのまま使うように設計されているようで、面倒。

○モニター機能。ガイガーカウンタのように検出音がでるといいのだ
が。あれば感覚で線量の変化がわかるのに。(センサー出力自体
はパルスのはず。)本来の製品の目的の関係で無いのだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »