« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »

2011年1月30日 - 2011年2月5日

2011年1月30日 (日)

TMPGEnc Video Mastering Works 5を導入

 TMPGEnc Video Mastering Works 5を発売日に購入、今のところ専らスカパーHD
のm2tsファイルの再圧縮に使ってます。TMPGEnc 4.0 XPressから変わった目玉の
一つが、x264のコマーシャル版の採用でしょう。従来はMainConceptのエンコーダ
でしたが、まあ設定次第でそれなり画質でしたけどあまりマニアな設定は出来ない
ものでした。
 最近x264はフリー版を使ってましたが、確かに設定を追い込むと画質は綺麗です。
 設定数の多さには面食らうかもしれませんが、x264を使ったことのある人から見
ればおなじみの設定が並んでいるので、逆になじみやすいと思います。
 ところで、x264をPS3で再生すると、重み付け予測モード(Pフレーム)を「シンプル」
(コマンドでは--weightp 1) にしないとたまに画像が破錠することがあったのですが、
最近は直っているのかわかりません。

 ファイルリーダも優秀です。未だにスカパーHDのファイルはこのソフトしかまとも
に読み込めません。TVMW5からはさらにTSファイルリーダが用意されたので、
複数のストリームから成るファイルも分離して読み込めるようになりました。
 このファイルリーダだけを独立してAviutl等の外部ソフトから使えると便利なんです
が、さすがにそうはなってないです。外部のAviSynth等のフィルタが使えるといいの
ですけどロゴけしとかできるので。

 あとはTME3がMPEG4AVCのスマートレンダリングに対応できるといいのですが
MPEG4はスマレンは難しいのでしょうかね。

-----

 TVMW5でスカパーHDの編集とエンコードが可能ですが、PC上にプロテクト
を解除した状態でデータを持ってくる必要があります。スカパーはPT2のように
素のTSファイルで直接録画する方法は無いので、スカパーHD録画に対応した
BDレコーダで録画したものを、BDまたはDVDに書き出してそのディスクを
AnyDVD等のリッピングツールの動いているPC上でm2tsファイルを読み込ん
で取り込むことになります。スカパーHDは地デジに比べ圧縮率が2倍ほど高い
のでファイルサイズが小さく比較的早く取り込めます。
 映像音声は再圧縮されないので、そこでの劣化はありませんが、GOP長が長い
ためか、そのままPSである、MPEG4のファイル形式に変換するのは困難なようです。
tsMuxeR GUIでも取り込めますが、PS3で音が出ないファイルができたりうまくいき
ません。DemuxしてMP4boxで再Muxも途中で停止してしまいます。
 あとBDレコ上でCMカットとかしてしまうと、PC側に持ってきたときにカットした後ろ
が再生できなかったりします。よって今は、本編に対して不要な前後のCMなどはカッ
トしますが途中はそのままにしています。

 現在の運用は、取り込んだm2tsファイルは基本的にそのままデータとしてBDなり
に保存している感じです。BDAVへのオーサリングもしません。この状態でもPS3等
のメディアプレーヤで再生できるので問題ないし、あとから再利用も何も操作してな
いほうがやりやすいという考えです。
 なおTVMW5やこの前のTME4はほぼ完璧にこの癖のあるファイルに対応している
ので、再エンコするなら非常に便利なソフトです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »