« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »

2016年4月24日 - 2016年4月30日

2016年4月30日 (土)

飛行機によりBS/CSの信号がドロップしていた。

 BSを見ていたり、録画したものを見ると、まれに特に電波が弱くもないのに
BS/CSが一瞬途切れることがあり、原因がわからず不思議でした。
配線の不良や何かの電波妨害を疑い、配線変えたりしていたのですが
それでもごくたまに起こるので、難だろうと思ってました。見る分には
あまり気にならないのですが、録画してるときに起こると、そこだけドロップ
するので困るのです。

ずっと原因が良くわからなかったのですが、たまたま起こってるとき、外を
みているとそういう時は頻繁に旅客機が上空を通ってることに気づきまし
た。それでもしやと思い、航空機の通過のタイミングと映りを見ていると、
完全に一致し結局原因は旅客機によるBS電波遮蔽が原因と判明しました。

BSの衛星の位置がうちの場合、建物の影に入るギリギリのところというの
もあるのでしょうが、BSからの電波が大きな旅客機の陰に入ると受信不能な
くらい落ちてしまうようです。衛星位置が見渡せる、スカパープレミアはそういう
現象はないので。

 それで地図で確認してみると、うちは丁度羽田空港D滑走路のほぼ延長線
上にあることがわかりました。

 ただ騒音対策のためなるべく市街地の上を低空で通らないように運用して
いるようで、 普通はD滑走路に下りる場合も一旦千葉市の南側のあたりから
東京湾に抜けて、東京湾上でくいっと進路をまげて着陸しているようです。
その場合、うちの上空は通りません。
 直線的に降りるのは、視界が悪いときとか風向きが悪いときに限られるもよ
うです。

 だから、天気が悪いときに途切れることが多かったんだと納得。
 原因がわかったんだけど、対策はないので、結局上空通過のときは
J-COM経由で録画しかない感じ。

 ちなみに上空通過している日に、フライトレーダで航空機の種類とドロップの
関係をみているとB737だと大丈夫でB777だとダメなのがわかりました。B777
は大型機だからだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »